2013/09/22 Sun
ワシントンDC開発フォーラムでは、第21回ワークショップを9月27日(金)に行います。

DC開発フォーラムでは、平日の夜を利用して、途上国の開発に関わる20代・30代の若手を中心にプレゼンと自由な議論を行い、知識を深めるとともに何らかの行動に結び付けていくことを狙いとしたワークショップを開催しています。
第21回となる今回は、2012年の1月の第9回ワークショップにて、震災直後から現在までの被災地の状況と課題、官民の垣根を越えた教育支援の意義と難しさについて発表いただいたプロジェクト結の長尾彰理事長、中川綾理事、荻原直紀副理事長を再びプレゼンターに迎え、「被災地のその後:子どもの学びとコミュニティ復興の現状と課題」のテーマのもと、二年半にわたる被災地の変化と現在の課題についてお話いただくとともに、今後の被災地支援のあり方について皆様と議論していきたいと思います。

【テーマ】
「被災地のその後:子どもの学びとコミュニティ復興の現状と課題-官民の垣根を越えて被災地を支援するプロジェクト結からの報告-」

東日本大震災から2年半が経過し、日本国内では被災の記憶の風化が懸念されはじめました。一方で復興の歩みはきわめて遅く、仮設住宅の大半の入居者は、当初予定より仮設生活の延長を余儀なくされ、その後の展望も見えない状況が続いています。こうした状況下での、被災地のコミュニティ復興や、子どもたちの学習を取り巻く課題はどこにあるのでしょうか。また、こうした課題に対し、行政やNPOはどのようなアプローチを行っているのでしょうか。昨年1月のDC開発フォーラムのワークショップでの発表時から、被災地をとりまく状況は変化しており、震災後二年半にわたる被災地の変化と現在の課題についてご報告することを通じて、今後の被災地支援のあり方について皆様と議論したいと思います。

なお、プロジェクト結は、世界銀行の知識経営担当官である荻原直紀氏が長尾氏、中川氏らとともに震災直後に立ち上げたことから、今回のセッションが実現いたしました。当日は荻原氏にもご参加いただき、プロボノ組織を遠隔で運営するノウハウ、難しさなども一緒にお話いただきます。
プロジェクト結の詳細は、以下のウェブサイトを参照ください。100期を超えるボランティア派遣(放課後の子どもの学びと遊びの支援)、学校の教職員の諸活動支援、託児所運営、子どもたちの非日常的な学びの支援を4本柱に活動を展開中です。
ウェブサイト:http://project-yui.org/

【略歴】
プロジェクト結

理事長:長尾 彰
日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科(心理臨床カウンセリングコース)卒業後、東京学芸大学大学院にて野外教育学を研究。企業、団体、教育現場など、10年以上にわたって500回を超えるチームビルディングプログラムを実施。
文部科学省「熟議」に、初の民間ファシリテーターとして登用される。NPO法人エデュケーショナル・フューチャーセンター代表理事。

理事:中川 綾
中高保健体育教諭を経て、遊びとビジネスの融合を体現する株式会社アソビジ代表取締役・ファシリテーターに。NPO法人エデュケーショナル・フューチャーセンター副代表。文科省・熟議協働員。熟議ファシリテーターとして熟議を複数企画実施。トーキングテーマトランプ「シャベリカ」、チームゲーム「オニミチ」など、チームづくりに活かせる教材を考案。日本大学文理学部体育学科卒。

副理事長:荻原 直紀
2011年10月より、世界銀行(ワシントンDC)の知識経営上級担当官(Senior Knowledge Management
Officer)。2000年から2011年まで富士ゼロックス㈱KDIにて知識経営コンサルタントを勤め、国内外の大手企業・行政機関の知識創造プログラムを戦略構築とファシリテーションを通じて支援。慶應義塾大学法学部政治学科卒、米バブソンカレッジ経営大学院(MBA)首席卒業。“Practical
KM Guide for SME Owners and Managers”(共著、アジア生産性機構出版)等著書および海外講演多数。

【日時】
9月27日(金)18:00-19:30 (通常より30分早いスタートとなります。ご注意ください)
ワークショップ終了後、世銀会議室内でスナックを用意して交流の機会を提供する予定です。参加される方からは、当日、実費一人当たり2ドル程度を申し受ける予定です。詳しくは登録者に当日までに送付される会場案内をご覧ください。

【会場】
世界銀行会議室 MC10-850 (世銀メインビルの10階、850号室)
The World Bank, 1818 H Street, NW Washington DC 20433

【訂正】今回のワークショップは諸般の事情で今回はUstreamは行いません。ご迷惑をおかけいたしますが、予めご了承ください。


【参加登録】
参加ご希望の方は、下記登録フォームより9月26日(木)までに参加登録をお願い致します。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dDVmdGZjV2ZnQ2ctb1lUR1JhODBXZ3c6MQ#gid=0

世銀もしくはIMFのIDをお持ちではない方につきましては、visitor passをこちらで事前に申請致します。当日朝までにお送りする会場案内にしたがって入館いただきますようお願い致します。なお、入館に際して写真付きID(英語)が必要となりますので、必ずご持参ください。

登録にご不明の点がある場合、または、当日朝までに会場案内のメールが届かない場合は、
ワークショップ担当(dev.forum.workshop@gmail.com)まで、ご連絡ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

プロフィール

DC開発フォーラム

Author:DC開発フォーラム
ワシントンDC開発フォーラムでは、DC在住で開発に興味を持つ若手プロフェッショナル、大学院生同士の意見交換・交流を深めるためのワークショップを開催しています。従来のBBL(ブラウンバッグランチ)が専門家を招いてランチの時間を利用して討議をするのに対し、ワークショップでは20代・30代を中心とした若手に平日の夜を利用して発表の場を提供し、自由活発に議論を交わし、そして何らかの行動に結び付けていくことが狙いです。参加希望・お問い合わせはdev.forum.workshop@gmail.comまで。

Twitter

Counter

検索フォーム